理念

Futures V-netの「V」はVoiceとVideoの「V」。
これは、どちらも人に何かを伝えるツールとなるものです。
良いモノも伝わらなければ意味がない。
我々は伝えるということに特化した組織として存在します。

そして、この声や映像を中心に、
クリエイティブに関わる全ての人や企業を仲間と捉え、
力を合わせることにより、
クライアント企業とお客様(消費者)との
円滑なコミュニケーションに尽力し、
良いモノを社会に届けるサポートをし続けることで、
全ての人々の未来に貢献していきます。

全ては、上質なクリエイティブが存続できる環境と、
それらが必要な場所へ行き渡る世界の創造を目指して。

クリエイターへは事業発展の助けとなる環境を、

クライアントへは目的達成の確度を高める提案を、

社会へは生活を豊かにする情報を提供します。

その実現のため、我々は以下を行動規範に掲げます。

1.仲間になる

同じ人間同士、
上下や依存の関係ではなく横の関係として、
課題解決のために協力し合う仲間となります

2.本質的なニーズを探る

常に顧客視点で物事を考え、
「why(なぜ?)」を問い続け、
本質を見て思考します

3.関わる全ての人のプラスにする

三方よしを判断基準にすることで、
常に自他共にプラスになる選択をし、
自分も周りも幸せにします

4.適材適所を意識する

自分でした方が良いこともあれば、
他人を頼った方が良いこともあることを知り、
その時の最善を尽くします

5.オンリーワンを生み出す

今の当たり前に捉われず、
新たな発想の組み合わせで最適解をつくり出し、
新しい当たり前を増やしていきます

提供(運営)サービス

フリーナレーターズユニオン

9割が生活できていないと言われる声の仕事で『5割以上が食える環境を創る』をビジョンに掲げるナレーターの相互協力コミュニティであり、
「フリーランスの柔軟性」と「芸能プロダクションのキャスティング力」を両立させた全く新しいカタチのキャスティング組織。
(組織としては既に「メンバーの5割以上が食えている」を達成中!)

映像へのナレーション、イベントのMC、ゲームの声優などの声に関することの他、顔出し関連も含む幅広いキャスティングを、内外の膨大なネットワークを駆使して行います。


実践レベルのスキルがすぐ身につく!
声の家庭教師~ナレキョ~

声優やナレーターなど、声の仕事周りに関するスキルアップの時短を目的にした、フリーナレーターズユニオンとして提供中の「マンツーマン&単発」中心レッスンマッチングサービス。
(ビジネスマンや一般の方向けのプレゼン能力向上などに役立つコースもあり)

本気の方の時間を無駄にさせないため、1回のレッスンで確実にレベルアップをさせるという趣旨のもと、様々なコースを提供しています。

企業情報

企業名株式会社Futures V-net(フューチャーズヴィーネット)
所在地〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目23番4号 桑野ビル2階
代表者代表取締役 澤田賢一郎
電話番号03-6842-2508
資本金9,500,000円
取引銀行三菱UFJ銀行
みずほ銀行
住信SBIネット銀行
事業内容ナレーター・声優・映像やイベント等に関わるキャスティング業務及びマネジメント業務
映像制作やイベント関連のプロデュース業務
ナレーターのキャスティングツール及びコミュニティの運営
ナレーター・声優等のレッスンマッチングサイトの運営
WEB制作
メディア運営
広告業務
所属団体1project(https://www.1project.jp

代表取締役 プロフィール

澤田賢一郎

1986年愛知生まれ。声優事務所の所属タレントとして活動する中 、アルバイトなしでは食っていけない人間が9割以上だという業界の現実に直面。 その後、ナレーター業を中心に事務所から独立し、フリーランスとして自らの仕事は成立させるも、人気商売である声の仕事がこれでは子供たちの世代に未来がないと、5割以上が食える業界を目標に2017年「フリーナレーターズユニオン」を7人の初期メンバーと共に立ち上げる。

2020年には当時約40人いた正規メンバーの5割以上が専業で食べている組織を実現させ、今では関連組織である「コエプロ新鮮組」を含めると総勢100名規模になる、質と量を共に兼ね備えた組織へと拡大。 声の業界でありがちな養成所ビジネスの形には一切頼らない、業界としては異例の共助の精神で成り立つ新たなビジネスモデルを作り上げた。

2021年8月、自らが属する声業界や共に仕事する映像業界へ一層貢献すると共に、これまで以上に社会へ良質なクリエイティブを届ける架け橋となるべく、株式会社Futures V-netを設立し、現在に至る。

社名『Futures V-net』の「V」は「Voice」と「Video」の「V」です。

声の仕事って映像と物凄く密接に絡むんですよね。
だから私の場合、声の業界はもちろん、自分は映像の人間でもあるという感覚を持っています。

その自分の中で身近で豊富な声や映像の繋がりを使って、声や映像(を中心としたクリエイティブ)に関わる人間が一層仕事しやすくなる仕組みを構築することで自分たちの未来を作り、
更にその仕組みを使って、必要な場所へ必要なものを届ける手助けをすることでクリエイティブを欲する周りの方々も助け、結果として皆の未来を作る。

そんな「共に仕事する仲間たちと、より良い未来を作っていく」という想いを込めて作ったのが『Futures V-net』です。

ちなみに余談ですが、「V」という文字にはローマ数字の5の意味と、三十二進法以上においての三十一の意味があるため、私の誕生日である5月31日(=私自身)を一文字で表しているんです。

だから、自分がこの社名を付けたことは偶然ではなく、何か意味があることなのだと感じますし、きっと自分たちを輝かしい未来に導いてくれると信じています。

社名に込めた想いの通り、人との繋がりを大切に、多くの方々と協力し合っていけたらと考えていますので、社内外問わず共感していただける皆さんと共に、様々に明るい未来を切り開いていければ嬉しく思います。

お問い合わせ

    お問い合わせ内容(複数選択可)
    仕事の相談をしたい提携希望その他

    お問い合わせを送信される際は、必ず プライバシーポリシー をご一読ください。送信された方は、プライバシーポリシーに同意されたものとみなします。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.